永代供養は納骨堂で行う│セレモニーで永遠の別れ

Ossuary

遺骨の保管を考える

納骨堂を購入する人が増えています

もともと納骨堂は、お墓を購入したり移転したりする際の一時的な遺骨の保管場所として利用されていました。しかし、国土の面積が狭い日本では、お墓に広い土地を確保するというのは簡単なことではありません。それに加えて都市部の土地は値段が高いという問題もあるため、都市部を中心にして、納骨堂をお墓代わりに利用する人が増えてきています。お墓の場合は遠くて不便な場所にあるのが当たり前のようになっていますが、納骨堂は交通の便が良い場所に建っているケースが多いので、高い人気を呼んでいます。電車に乗って気軽に行くことができるため、お参りに行く回数が増えたという人が実際にたくさんいます。また、室内でお参りすることができるので、天候を気にする必要がないというメリットもあります。

永代供養付きのものが人気を集めています

納骨堂の中でも特に高い人気を集めているのが、永代供養の保証がついている納骨堂です。最近は、生涯を独身のままで過ごす人や、結婚しても子供を持たないという選択をする人が多くなってきています。そのような人が普通のお墓を購入しても、それを承継してくれる人がいないということになります。墓守をしてくれる人がいないと、あっという間にお墓が荒れ果ててしまうことになりますので、故人もオチオチと寝ていられません。でも、永代供養の保証が付いていれば、お墓の承継人がいない人でも安心して購入することができます。また、永代供養の保証が付いている物件の方が、永代供養の保証が付いていない物件よりも値段が安めの設定になっていることが多いため、購入希望者の数が増加しています。